子育てと仕事を両立させる環境

仕事と子育てとを両立させるための環境は、働く女性にとって非常に重要な部分であるといえる。重要な会議がある時や、どうしても仕事から手を離せない時に子供が熱を出したらどうするべきかなど、日々起こるかもしれなし緊急時の対策だけではなく、常に母親と一緒に過ごすのと同じような環境を準備し、子どもを育てていかなければならない。

仕事をもつ母親にとっての子育ては、直接的はもちろんのこと、間接的に愛情を注ぐことがより多くなる。そのための安心感は、子供を預けることのできる家族や信頼できる託児所や保育所を確保することができれば得られるだろう。けれど家族のように我が子のことを見守る人や場所があるということは心強いといえる。夫婦共働きであっても、シングルマザーの子育てであっても、子育てと仕事を両立していくには、こういったネットワークを少しずつ広げていくことも重要な鍵となる。

このネットワークは、子育ての方針をしっかりと定めていきながら、母親が積極的に築きあげていきたいものだ。ワーキングマザーにとって、職場での人間関係が仕事では付き物であり、子育てでは子供を中心とした人間関係があり、精神的なストレス与える大きな要因となる。

母親のなかには、子育てを通じて世界が広がったと言う人も少なくないだろう。子供中心の毎日となり、家庭ないしは仕事中心の毎日だった以前と違って目新しい出会いを通して自分自身も成長できる。
今まで苦手意識のあった他人と話をすることや休日の遠出も、楽しみにいつの間にか変わっていくこともあり得るのだ。少しずつ地域の情報や支援にもアンテナを張りながら、まずは身近なところからコミュニケーションを図り、子育てと仕事の両立に努力していきたいものだ。

仕事と子育ての両立に向けて

まずは産後の自分自身の体調を、仕事と子育ての両立のために仕事復帰に向けしっかりとケアしていかなければならないであろう。子育てを担っていく母親にとって、産後は身体のいろいろな部分がもとに元に戻ろうとする時期であり、非常に重要な期間だといえる。

産後の身体回復をよりスムーズに促すためには、育児休暇を取得せず仕事に復帰をすることを決めているならもちろん、出産した後最低3週間は赤ちゃんと一緒に寝て過ごす生活を選んだ方が良いといえる。出産後は、出産までに蓄積された心身の疲労が完全に抜けきらない時期でもある。子育てに対する責任感や母性が、疲労感も寝不足をも忘れさせてくれるかもしれない。けれど実際には抵抗力も落ち気味で、ホルモンバランスがまだまだ不安定な時期といえる。

仕事復帰後も母乳育児をしようと搾乳器を使い始め、必死になるあまり乳腺炎を引き起こす場合もあるようだ。出産した後の様々なトラブルについての情報を、妊娠中からできるだけ集めて対策をとっておいた方が良いであろう。そして、トラブルが起きてしまったら、すぐに専門家に指導してもらうなどして、決して一人で抱え込まないほうが仕事復帰への影響を最小限にとどめることができるといえる。

まずはこうして、子育てに対する不安もさることながら、きちんと自分自身の健康管理をすることであろう。子育てをする母としてだけではなく、女性として社会で仕事をする姿は、他の多くの女性にとっても魅力的である。たとえ子育てに従事する時間があまりなくても、子供はその後ろ姿をみて育っていくものであり、仕事をする姿もまた立派な子育といえるのである。

出産後の仕事と子育て

最近では育児休業中の1年間ぐらいは子育てに集中したいけれど仕事を再開しなければならないなど、女性が社会的役割を持つことが増えている。多くの負担を抱えながらも産後間もなく仕事復帰する女性が増えてきている。また、将来的に子育てに要する経費はもちろん、家計を支える理由から、出産後できるだけ早く新たに仕事に就きたいと願う女性も少なくない。今はまだ出産後の女性が早々と仕事に就くための制度としての子育て支援や、保育園や託児所などの環境は十分ではないといえる。

ワーキングマザーを目指すのであれば、妊娠中からその覚悟を決めておく必要があるし、様々な備えが出産後の子育てと仕事復帰の不安を軽減してくれるかもしれない。そのうえ出産した後の女性の体は、妊娠中と同じように心や体に様々な変化がある。ということは、適切に対処しなければ体にトラブルを引き起こす可能性がある。特に産後約4〜6週間は骨盤や子宮の戻りも十分ではないものだ。無理をその期間にしてしまうことで、後々辛く重い更年期障害に悩むことになるのではないかという説がある。

子供と一緒の時間が、仕事はせず子育てに専念する母親と比較して短いのは当たり前のことである。せっかくの休日が病院や療養で終わってしまうようでは、子供と過ごす時間は減る一方だ。晴れてワーキングマザーライフをスタートさせ満喫していきくためにも、子育てへの影響をなるべく少なくしつつ、今まで得た信頼や立場、せっかく手に入れた仕事を長く続けていくことができるように、身体をいたわり、しっかり自己管理をしていくことが大切である。
株主優待制度
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。